2010年05月21日

点滴混入事件公判 「9日間は必要だった」。裁判員らが会見(産経新聞)

 3人の幼い娘の点滴に水道水などを混入し死傷させたとして、傷害致死などの罪に問われた高木香織被告(37)の裁判員裁判で、京都地裁が20日、懲役10年の判決を言い渡した後、記者会見した裁判員らからは、過去最長の審理日程を前向きにとらえる意見が目立つ一方、MSBPを「理解できていない」とする意見もあり、専門的な内容をわかりやすく裁判員に伝える難しさが浮き彫りになった。

 裁判員の女性2人と補充裁判員の男女2人の計4人が出席。長期間の裁判について、裁判員を務めた主婦は「難解な医療用語は9日間あったからこそ理解できた。裁判員の団結力も増し、評議に役立った」。補充裁判員の30代の女性は「医学用語以外にも複雑な事情がある事件だったが、焦ることなく評議に臨めた」と強調した。

 MSBPについては、補充裁判員の会社員の男性が「難しい内容だったのでいまだにはっきりと理解できていない」と率直な感想を語ったのに対し、裁判員の女性は「裁判員同士で何回も話し合ったし、裁判官の方もわかりやすく教えてくれたので理解できた」と話した。

 京都地検の長谷透公判部長は「子供の最大の保護者であるべき母親の犯行であることなどが重視されたのだと思う」と評価。一方、主任弁護人の堀和幸弁護士は「完敗」としたうえで、「やるべきことはやったが、科学的な証拠の壁を崩すのは難しいと思い知らされた」と話した。

【関連・点滴混入事件】
娘の点滴に水道水混入 母親に懲役10年判決
京都点滴混入裁判 検察側が懲役15年を求刑
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母
点滴混入事件 難解用語、長丁場の審理…制度本格化へ試金石
日程9日間…裁判員候補6割が辞退 点滴混入事件

ワクチン投与で地元首長と協議=「農家の理解得たい」―山田農水副大臣(時事通信)
小沢氏「何もないからどっちでも」政倫審公開に(読売新聞)
養父母、「女性は妹」=周囲に不自然説明−袋詰め遺体・大阪府警(時事通信)
<JR不採用問題>原告904人 解決案承諾書を提出(毎日新聞)
盗難手配ミスで車スクラップ 兵庫県警135万円賠償(産経新聞)
posted by エガワ ヒロユキ at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。