2010年03月16日

川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)

 11日早朝、JR川越線日進駅で夜間作業に遅れが出ており、川越線は川越―大宮駅間の上りで運転を見合わせている。

 この影響で、埼京線も上りで運転を見合わせている。

東京大学 合格発表…前期日程入試、平均倍率3.19倍(毎日新聞)
<中村耕一容疑者>大麻やコカイン、自宅から押収(毎日新聞)
離党の鳩山邦夫氏「自分が政界再編の接着剤に」(読売新聞)
災害医療で「医師会JMAT」を提案−日医委員会(医療介護CBニュース)
「たまたま死ななかっただけ」腎臓摘出した被害者の女性 秋葉原殺傷(産経新聞)
posted by エガワ ヒロユキ at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑(産経新聞)

 東京電力からの業務受注を装いリース大手のオリックスから融資金をだまし取った事件で、別の会社からも約1億1千万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は6日、詐欺などの疑いで、三菱商事元社員でコンサルタント会社「アクシー」社長、松本一輝被告(51)=同罪などで起訴=を再逮捕した。同課によると、松本容疑者は容疑を否認している。同課は松本容疑者が計6社から計約8億円をだましとった疑いがあるとみている。

 同課の調べによると、松本容疑者は不動産仲介会社「シンエステート」(中央区)に東北地方のケーブルテレビ局の買収話を持ちかけ、「近日中にオリックスから1億6千万円が入金されるので確実に返済できる」などとうそをつき、平成21年2月上旬、融資金名目で約1億1千万円を詐取した疑いが持たれている。

 同課によると、松本容疑者は交渉の際、不動産仲介会社側に元三菱商事社員だったことなどを強調し、信頼させていた。

【関連記事】
同僚→共同経営者→巨額詐欺の共犯… 東電&三菱商事OBは、こうしてオリックスを手玉に取った
融資金名目で2億5千万円詐取 東電元幹部ら逮捕 警視庁
バルチック社に賠償命令 中国投資話で詐取認定
ゴルフ会員権詐欺容疑で元社長ら再逮捕
マンション修繕で1100万円詐取 容疑の弘道会傘下組長ら逮捕
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)
<カネミ油症>民主、被害者救済の法制化を検討(毎日新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕−警視庁(時事通信)
<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
<洲本市長選>竹内氏初当選 民主推薦候補またも破れる(毎日新聞)
posted by エガワ ヒロユキ at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

大麻密輸犯が「逮捕まで」を ブログ・ツイッターで「実況」(J-CASTニュース)

 大麻の所持や使用で逮捕される人が後を絶たない中、逮捕までの過程を克明にブログやツイッターで綴った容疑者がいた。容疑者は、過去にも大麻の所持で2度逮捕されており、裁判に納得がいかなかったことをブログで明らかにしてもいる。今回の逮捕は、国内で大麻が規制されていることの不当性を訴えることが狙いだとみられる。

 逮捕されたのは、住所不定・無職の山崎一夫容疑者(56)。フジテレビによると、山崎容疑者は2010年2月、タイに行って購入した乾燥大麻3グラムを、都内の郵便局を送り先にして現地から航空便で密輸。大麻取締法違反の疑いが持たれている。

■バンコクから大麻を局留めで送る

 山崎容疑者が逮捕されたのは、3月2日、上野公園でのことだ。山崎容疑者は、逮捕に至るまでの様子をブログなどで細かく綴っていた。ブログの自己紹介では

  「大麻所持で2度捕まっています 合わせて5年近く服役していますが2度の裁判にまるで納得しておりません」

と、過去の経歴をカミングアウト。ブログには、05年に獄中から差し出した「再審請求書」もアップロードされており、その中では

  「判決書では私が大麻と親和していること(編注: 親しみ結びつくこと)が非難の調子で述べられていましたが、おそらくそれは『大麻常用者は即ち(すなわち)悪人』といった偏見ゆえの非難調であり不当です」

などと持論が展開されている。

 今回の事件についても、経緯が細かく書かれている。例えば、2月26日6時20分に更新したブログでは。チョロQと、大麻とおぼしき褐色の草のようなものを並べた写真とともに、

  「写真のチョロQなどをバンコクから局止め(原文ママ)で送っていました これから郵便局へとりにいきます 官憲が小包の中にチョロQが入っていることを知っているようなら私はそこで捕まるかもしれません さて 官憲はチョロQのことを知っているだろうかな」

と記述。さらに、同日9時52分には、コメント欄で

  「上野郵便局へ行ってきました バンコクから送った小包が届いていると何日か前に電話を貰っていたからです 郵便局員さんは身分証明ありますかというのでパスポートを渡しました しばらく待った後に表れた(原文ママ)局員さんは言いました
  『お客様の荷物は税関が差し押さえていてこちらにはないんですよ 私たちは中に何がはいっているかとかはまるで知らないんですけど そういうことなので、、、』」

と、大麻が入っているとみられる郵便物が差し押さえられたことを明かした。

■「JANJAN」コメント欄は「炎上状態」

 この後、山崎容疑者は自ら税関にコンタクトした模様で、

 3月1日11時7分には、

  「明日の朝 10時半から11時に上野公園の西郷さんの銅像のところで東京税関の人と会うことになりました」

と書いている。山崎容疑者の書き込みは、3月3日9時20分、ツイッターに

  「ぼちぼちパソコンを片付けます さてと それじゃ またね ボン!」

と書き込んだのを最後に途絶えており、予定どおり10時30分に税関や警察の担当者と会ってまもなく逮捕されたものとみられる。

 山崎容疑者は前出の2月26日のブログで、検察官に対して

  「勝つか負けるかはわかりません でも全力で争えたならば納得のいく結果を得られるでしょう 大麻の真実を暴きそれを世に知らしめることができれば大麻にまつわる犯罪がぐんと減ることになるでしょう」

と呼びかける文章も書いており、法廷では大麻所持・使用の正当性を訴えたい考えのようだ。

 一連の流れを、支援者がネット新聞「JANJAN」に投稿し、コメント欄は大麻擁護派と規制派による議論で「炎上状態」になっている。

 なお、大麻をめぐる裁判では、2010年2月、米国から大麻約3キロを密輸したとして麻薬特例法違反などの罪=大麻取締法違反から訴因変更=に問われていた大阪市の男性被告の弁護側が「大麻の有害性は乏しく、大麻取締法や麻薬特例法は違憲」だと主張した例がある。だが、千葉地裁はこの主張を退け、被告に対して懲役6年罰金350万円(求刑8年罰金500万円)を言い渡している。


■関連記事
大麻は本当によくないのか 内外からの異論で話題沸騰 : 2008/11/17
大麻で逮捕「乙女のカリスマ」 野ばら容疑者隠された素顔 : 2007/09/04
「大麻経験ある」大学生は3.4% : 2008/11/20
大相撲大麻検査 「はめられたと言いたいのか」 : 2008/09/09
よみがえる「昭和」 懐かしの粉末ソーダ : 2010/03/05

地下鉄サリン、負傷後に死亡の1人に給付金(読売新聞)
伊方原発 プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)
山内議員元秘書を再逮捕へ 新たに4000万円詐取容疑(産経新聞)
「妹の方がかわいかった」=3年前から虐待か−奈良5歳児餓死(時事通信)
posted by エガワ ヒロユキ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。